小河建築設計事務所
豊かな創造力と確かな技術力を発揮し、時代のニーズに応える
 
21世紀に入り、日本社会はグローバル化、構造改革の波により、従来の枠組が大きく変わろうとしています。
また、地球環境保護の観点から、消費型社会から循環型社会の社会へ向かおうとしています。
そして、少子高齢化の到来、製造産業の空洞化、公共事業の縮小など、成熟社会に向かって、建築を取り巻く
社会情勢はますます厳しいものになるのは明らかです。
このような状況の中で、建築生産は、スクラップ&ビルドからストック&リノベーションへと既に大きく舵を
きったように思います。
長寿命、メンテナンスの容易さ、フレキシビリティ、省エネルギーそして周辺環境への配慮などがこれからの
建築に求められています。
また、発注者や社会のニーズも多様化し、PM・CMなどのコストコントロールをはじめ建築生産にかかわる
あらゆる要素を最大限効率的に統合して、これからの建築に対する高度なニーズに的確に応えていくマネジメ
ント能力が必要となります。
私どもは、永年に亘って蓄積された確かな技術力をベースに豊かな創造力を発揮し、時代のニーズに応える満
足度の高い建築物の実現に寄与できるものと確信しています。
今後とも、新たなる技術、幅広い発想力により私どもへの期待と信頼にお応えするべく、さらなる研鑚に励む
所存ですので、より一層のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。
これからの、小河建築設計事務所にご期待下さい。
 
株式会社 小河建築設計事務所  
代表取締役社長 瓜生田 尚彦  
小河建築設計事務所
 
GALLERY CONCEPT TECHNIQUE ABOUT CONTACT LINK OAE TOP メールを送る